岩内鰊総合研究所
(岩内鰊和次郎運営事務局)
お問合せ:info@iwanai-wajiro.com

岩内鰊和次郎7箇条

「岩内鰊和次郎」は、江戸時代からのニシン漁の歴史を持つ糠ニシンを使った岩内発祥の伝統の漁師メシです。
糠ニシンの特徴は、糠と塩で熟成させた深い旨みがあることで、食欲増進などのスタミナ源として江戸時代中期ごろから親しまれている岩内町独自の郷土の味です。
このほかにも「岩内鰊和次郎」である所以として以下の7の特徴があります。
chaDuke

「岩内鰊和次郎」の特徴7箇条



1.北海道日本海沿岸地域に由来する糠ニシンを使用している。

2.使用する糠ニシンは、糠と塩で熟成されている。

3.ごはんの上には糠ニシンの切り身が乗せられている。

4.ごはんの上にはネギが少々乗せられている。

5.出汁はカツオだしなどで工夫されている。

6.磯のりなど季節に応じた地域独自の旬な食材をトッピングとしてのせている。

7.旬の野菜を使用した漬物など、こだわりの小鉢を一品付けている。


以上の調理方法を基本に各店毎に、味付け、焼き方、トッピングなど工夫しています。